クラウド(ASP/SaaS)予約システムEIPrO(エイプロ)
様々な予約方法・業種に対応できるオールインワン予約管理・顧客管理システム

コラム|クレジットカード決済、コンビニ決済が使える予約システム

コラム クレジットカード決済、コンビニ決済が使える予約システム

クレジットカード決済、コンビニ決済が使える予約システム

最近はキャッシュレス化が進み様々な決済方法が増加しておりますが、その中でもネットで購入する際の決済方法は「クレジットカード払い」が64.8%を占めているというデータがあります。(平成27年度総務省通信利用動向調査より)
お客様に最も求められている支払方法(決済手段)を用意することで、取りこぼすことなく売上に繋げることができます。 また、クレジットカード決済を導入するとキャンセルされた際にキャンセル手数料の徴収も可能となります。

予約システムでクレジットカード決済の導入メリット

 事前決済によるキャンセル率低下

予約と同時に決済するため入金はその場で確定となり安心した取引が行えます。

 当日受付の混雑を回避

当日料金をお支払いいただく必要が無いため、受付の混雑を回避することができます。

 入金管理の負担を軽減

予約したと同時に入金になるので銀行振込等と比べ入金管理を大幅に軽減できます。

クレジットカード決済 導入後のイメージ

*当社のクレジットカード決済における参考イメージ

クレジットカードブランドについて

 クレジットカードのブランド?

お店やインターネットではご利用できるクレジットカードに「カードブランド」があり、「カードブランド」の種類は主に以下となります。
世界で流通:VISA / Mastercard / American Express / Diners
日本で流通:JCB 
アメリカで流通:Discover 
中国で流通:中国銀聯(Union Pay) 

クレジットカード代行会社について

 クレジットカード代行会社?

クレジットカード代行会社ですがクレジットカード決済を導入した事がない企業やお店の場合、全然ピンとこないかと思われます。
クレジットカード代行会社は大元のカードブランド会社である「VISA」「Mastercard」「American Express」などと直接契約しそれらサービスを一般の会社へ同時に提供するために設けられています。
代表する会社として、GMOペイメントゲートウェイやSBペイメントサービスなど。
予約システムもクレジットカード決済の利用はこれらクレジットカード代行会社を利用しています。尚、クレジットカード代行会社においては予約システムの連携が必要となるほかバージョンアップの対応などもございますのでクレジットカード代行会社の選定は原則出来ません。殆どは予約システム会社で選定されたクレジットカード代行会社の利用となるケースが殆どです。

クレジットカードの導入と決済取引におけるブランド別統計
ブランド 取引件数 割合
VISA 1261億件 56%
MasterCard 597億件 26%
UnionPay 290億件 13%
Amex 73億件 3%
JCB 28億件 1%
Diners / Discover 22億件 1%未満

*ザ・ニルソン・レポート2016年4月発表(2015年国際ブランド加盟店決済取引件数)

コラム一覧ページ