ワクチン接種向け予約システムについて

 

主な利用業種・運営先|自治体、医療機関

コロナウィルスの影響により自治体や医療機関での導入が相次いでいる予約システムとなります。
予約には郵送で手配された接種券にID(整理番号や接種番号等)、PWが記載されており、電話又はインターネットによる予約を可能としており、システム内には接種券番号やそれら顧客に紐づく何らかのデータが入った状態で提供されているシステムであると想定されます。
急ぎで開発された予約システムと言う事もあり提供開始時点では重複予約などの不具合や様々なトラブルのニュースも多く報道されておりますが、システムとなりますので利用側の問題や集中アクセスも含めまして開発時の用件や取り決めなどの問題も要因の一つであることも考えられます。
システムの開発規模としては多くの機能は必要ではないかと思われますが、利用規模が大きいため管理や運用においては大規模なシステムであると想定されます。
インフルエンザの予約システムとも似ていますが、最初にログインが必要である事も含め一般的な運用とは異なる部分が見られます。また、利用法としてログインが最初に必要で且つ新規登録が出来ないので、会員情報、顧客情報又はログイン情報が事前に必要な予約システムとなり、他の運用でも稀に利用されるケースがあります。
また、コロナウィルスワクチン接種の予約システムは自治体によってアクセス数が非常に多いため、人口が多い地域での利用においてはサーバーの処理能力を大幅に上げる必要があり一般提供されている予約システムの運用は不向きです。

 コラム一覧ページ