規約

シェアサロン利用規約
2+1 salon (以下「当社」)は、当社の運営するシェアサロン(以下、「本サロン」)の利用者(以下「利用者」)
に、当該シェアサロンを利用させることに関し、以下のとおり「シェアサロン利用規約」(以下「本規約」) を
定めるものとする。
第 1 条 (利用規約及びその変更)
1. 本規約は、当社の運営するシェアサロンの利用に関する条件を当社と利用者との間で定めるものであ
る。本規約の規定は、当社と利用者との個別の利用契約の内容となる。
2. 当社は、いつでも、任意の理由で本規約を変更することができるものとする。この場合、
当社は、当社のウェブサイトに掲載する方法その他当社所定の方法により、変更適用日及び変更後の
内容を公表する。
3. 利用者が変更適用日後に当社の運営するシェアサロンを利用した場合、変更後の本規約の全ての規定
に合意したものとみなされるものとする。
第 2 条 (申込み)
1. 利用の申込は、本規約の内容を承認した上で、当社のシェアサロンの当社所定の申込書を記載し、当
社へ提出するものとする。
2. 申込者は、申込みにあたり、真実、正確かつ最新の情報を申込書に記載するものとする。
3. 当社は、以下のいずれかに該当し、又はそのおそれがあると認めた場合、申込者に対して理由を通知
することなく、申込みを承諾しないことができる。
1. 申込書に虚偽の記載、誤記、記載漏れがある場合、その他本申込みが不適当である場合
2. 申込者が美容師免許その他美容サービス(カット、カラー、パーマ、ストレートパーマ、縮
毛矯正、セット、ブロー、シャンプー、ヘア・トリートメント、スキャルプ・ トリートメ
ント、エクステ、着付け、メイク、まつ毛パーマ、まつ毛エクステ、眉カット、前髪カット、
ネイルその他の美容師法第 2 条第 1 項に定める「美容」に関する サービス及びこれに付帯
し又は準ずるサービスをいう。以下同じ。)の提供に必要な許認可等を有していない場合、
又は業務停止その他の処分を受けている場合
3. 本申込みが不適切又は不正な目的に基づき、又はそのおそれがあると当社が 判断する場合
4. 申込者が法令違反を行い、又は本規約に違反するおそれがあると当社が判断する場合
5. その他当社が本申込みを承諾することを適当でないと当社が判断する場合
第 3 条 (シェアサロン利用権の付与)
1. 当社は、利用者に対し、本規約の定めに従い、本サロンを利用できる権利を許諾し、利用者は本規約
の定めに従い、本サロンを利用する。
2. 当社及び利用者は、本規約に基づくシェアサロン利用権の許諾が、本サロンの賃借権、地上権その他
の物権の設定に当たらないことを確認するものとする。
3. 利用者は第三者に対し、シェアサロン利用権を貸与し、又は再許諾することはできないものとする。
第 4 条 (対価)
1. 利用者は、本サロンの利用を予約した場合、平日・土日祝日の別に応じて、本サロンの利用時間に定
める単価を乗じた対価(税別)を支払うものとする。
2. 単価は常識的な相場に定め、随時ホームページで掲示する。
第 5 条 (本サロンの利用予約)
1. 利用者は、本サロンを利用しようとする場合には、当社所定のシステム(以下「本予約管
理システム」)へ、の当社所定の必要事項(利用日時、利用席、氏名、メールアドレス、電話番号等)
の入力、その他当社所定の方法により、本サロンの利用を申し込むことができる。
2. 利用者は、本サロン利用の予約をキャンセルしたい場合、ホームページなどに公示された日時までに、
利用者自身が本予約管理システム上で手続きするものとする。本サロンへの直接のキャンセル申し出
はできないものとし、本サロンを利用しなかったときも、当社に対し、前条に定める対価を支払う義
務を負うことを確認するものとする。
3. 当社は、その裁量により、利用者か本サロンを利用できる日、時間帯その他の事項を制限することか
でき、また、利用者が本サロンの利用を申し込める期間、その他の事項を制限することができる。
第 6 条 (本サロンにおける美容サービスの提供)
1. 当社及び利用者は、当社及び利用者との間に雇用関係、その他これに類似する関係が存在せず、利用
者が独立の事業者として、自己の名義及び計算で、本サロンでの顧客に対する美容サービスの提供を
行うことを確認するものとする。
2. 利用者は、本サロンで顧客に美容サービスの提供を行う際は、美容師としての専門的判断に従い、か
つ、プロフェッショナルとしての技術的水準を維持するものとする。また、利用者は、本サロンで顧
客に美容サービスの提供を行う際は、必要に応じて、毛質・頭皮の状況や、体質・体調、各種美容サ
ービスの前歴/経験の有無及びそれに伴うトラブルの有無等を確認し、また、顧客の希望どおりのデザ
インにならない可能性や、頭皮等への悪影響が生じる可能性などにつき説明を尽くす等、顧客との間
でトラブル等が生じ ないよう十分に留意する。
3. 利用者は、本サロンの評判等を棄損等するような態様での美容サービスの提供その他の顧客対応を行
ってはならないものとする。
第 7 条 (設備、機器、備品等の利用)
利用者は、本サロンで顧客に美容サービスの提供を行う場合、当該美容サービスの提供に合理的に必要な範囲
で、本サロンに備え付けられた当社所定の設備、機器及び備品を自己の責任において使用することができる。
なお、利用者が、自己の備品及びサロン商材を自らの責任と費用において本サロンに持ち込み、自らの顧客に
対する美容サービスの提供に用いることは妨げられない。
第 8 条 (本サロンの利用上の注意事項)
1. 利用者は、本サロンを顧客に対する美容サービスの提供のために利用するものとし、それ以外の目的
で本サロンを利用してはならない。 利用者は、本サロンが定める規則・注意事項等を遵守し、当社
又は本サロンに係る建物管理者からの施設管理上の指示に従うものとする。
2. 利用者は、善良な管理者の注意をもって本サロンを利用するものとし、本サロンを清潔に維持し、本
サロンの設備、什器、備品等を毀損しないものとする。
3. 利用者は、本サロンで顧客に美容サービスを提供した後、当該美容サービス提供のため に用いた本
サロンの設備、什器、備品等の清掃、整理、整頓等を実施するものとする。
4. 利用者は、顧客に対する美容サービスの提供のほか、美容サービス提供のための準備、 前項に定め
る当該清掃、整理、整頓等その他本サロンの利用に付随又は関連して、本サロン内で実施する一切の
事項を、予約した本サロンの利用時間内に実施するものとし、第 4 条に定める対価の算定にあたって
は、これらに要した時間も、実際の「本サロンの利用時間」 に含まれるものとする。
5. 利用者は、美容師免許その他美容サービスの提供に必要な許認可等を維持するものとし、 免許の取
消し、業務停止その他の処分等により美容サービスの提供を行うことかできなくなった場合は、直ち
に当社へ通知するとともに、本サロンの利用を行わないものとする。
6. 前各項に定めのほか、利用者は、次の各号のいずれかに該当する行為(又は該当するおそれのある行
為)を行ってはならないものとする。
(1) 当社、顧客、当社利用システムを開発し、又は当社に使用許諾している者その他の第三者の著作
権、商標権等の知的財産権、名誉、信用、プライバシー、その他の権利を 侵害する行為
(2)当社利用システムの利用に関する利用権を第三者に対して譲渡、移転、担保提供その 他の方法に
より処分し、承継し、又は再許諾する行為
(3) 当社利用システムに虚偽の情報を入力等する行為
(4) 当社による本サロンの運営を妨害し、又は第三者による本サロンの利用を妨害する行為
(5) 法令、本規約又は公序良俗に違反する行為
第 9 条 (顧客情報の取扱い)
1. 利用者は、顧客情報の管理を自身で管理するものとする。
2. 本サロンが、利用者の利用に際して必要と判断し、顧客情報の開示を求めた場合は、速やかに従うも
のとする。
第 10 条 (決済)
1. 利用者は、本申込みに際して、又は本申込みが承諾された後、当社所定の方法でクレジットカード、
その他当社所定の決済情報を登録するものとする。
2. 利用者は、第 4 条に定める対価をクレジットカード、その他当社所定の決済手段により、
当社所定の時期に支払うものとする。
第 11 条 (免責)
1. 当社は、本規約に違反して利用者に損害を与えた場合、故意又は重過失のある場合に限り、利用者に直
接かつ現実に生じた通常の損害につき賠償する責任を負うものとするが、特別の事情から生じた損害(当
社の予見可能性の有無を問わない)、及び利用者の逸失利益については、一切責任を負わないものとする。
また、当社が責任を負う損害賠償額は、当該責任が生じた時点を基準として直近 1 ヶ月にシェアサロン
利用権の対価として利用者から受領した合計額を限度とする。
2. 利用者は、当社利用システムその他の第三者か提供するサービス、システムの利用に関し、当社が責任
を負わないことを確認する。
第 12 条 (秘密保持)
1. 利用者は、本規約に関連して当社より開示を受けた技術上又は営業上、その他一切の情報 (以下「秘
密情報」という)を、本サロンの利用及び本規約の履行の範囲内でのみ使用 するものとし、当社の書
面又は電磁的方法による事前の同意なく、本サロンの利用及び本規約の履行のため当該秘密情報を第
三者に開示し、又は漏洩してはならないものとする。ただし、利用者は、法令等に基づいて開示が義
務付けられている場合、必要最小限の範囲で、当該法令等に基づく開示先に対して秘密情報を開示す
ることかできるものとする。この場合、利用者は事前に(事前の対応が著しく困難なときは事後速や
かに)、当社に対し、開 示の事実及び開示した秘密情報の内容を通知するものとする。
2. 前項にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する情報は、「秘密情報」に該当しないも のとする。
(1) 利用者が開示を受けた時点で公知の情報
(2) 利用者が開示を受けた時点で利用者がすでに保有している情報
第 13 条 (有効期間と更新)
1. 本規約の有効期間は、1 年間とする。
2. 前項にかかわらず、本規約の有効期間が到来する 1 か月前までに利用者又は当社が書面により別段の
意思表示を行わない限り、本規約の有効期間は自動的に同一条件で 1 年間更新されるものとし、そ
の後も同様とする。
第 14 条 (権利義務譲渡等の禁止)
利用者は、当社の事前の書面による同意なく、本規約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務の全部又
は一部を第三者に譲渡、移転、担保設定その他の方法により処分してはならず、かつ承継させてはならない。
第 15 条 (解除等)
1. 当社は、次の各号のいずれかに該当する事由が生じた場合、何らの催告なくして、直ちに
本規約の全部又は一部を解除することかできる。
1. (1) 利用者に法令違反又は本規約の重大な違反行為があった場合
2. (2) 利用者が本規約のいずれかの条項に違反し、当社から相当の期間を定めた書面によ
る催告を受けたにもかかわらず、その期間内にかかる違反を是正しない場合
3. (3) 利用者が美容師免許その他美容サービスの提供に必要な許認可等の取消し、業務停
止その他の処分を受けた場合
4. (4) 利用者が、本サロンの利用を予約しながら、むやみに本サロンを利用しないこと、その他の事由
により利用者と当社との間の信頼関係が破壊された場合
5. (5) 理由の如何を問わず、本サロンを美容所として利用することが不可能ないし著しく
困難となった場合
6. (6) 利用者が支払停止若しくは支払不能の状態に陥った場合、又は利用者が 手形若しくは小切手が
不渡りとなった場合
7. (7) 利用者が第三者より差押え、仮差押え、仮処分、競売の申立てを受け、又は公租公課の滞納処分
を受けた場合
8. (8) 利用者が破産手続開始、民事再生手続開始その他これらに類する倒産手続開始の申
立てを受け、又は自ら申立てを行った場合
9. (9) 利用者の資産、信用又は事業に重大な変化が生じ、利用者において本規約に基づく
債務の履行が困難となるおそれがあると認められた場合
10. (10) その他前各号に準ずる事由が発生した場合
2. 利用者は、次の各号のいずれかに該当する事由が生じた場合、当社に通知することにより、 直ちに本規約
を解除することができる。
1. (1) 当社に本規約の重大な違反行為があった場合
2. (2) 当社が本規約のいずれかの条項に違反し、利用者から相当の期間を定めた書面による催告を受け
たにもかかわらず、その期間内にかかる違反を是正しない場合
3. (3) 理由の如何を問わず、本サロンを美容所として利用することが不可能ないし著しく
困難となった場合
4. (4) 当社が支払停止若しくは支払不能の状態に陥った場合、又は当社が 手形若しくは小切手が不渡
りとなった場合
5. (5) 当社が第三者より差押え、仮差押え、仮処分、競売の申立てを受け、又は公租公課
の滞納処分を受けた場合
6. (6) 当社が破産手続開始、民事再生手続開始その他これらに類する倒産手続開始の申立てを受け、又
は自ら申立てを行った場合
7. (7) 当社の資産、信用又は事業に重大な変化が生じ、当社において本規約に基づく債務
の履行が困難となるおそれがあると認められた場合
8. (8) その他前各号に準ずる事由が発生した場合
第 16 条 (中途解約)
当社及び利用者は、本規約の有効期間中であっても、1 か月以上前に相手方に書面により 通知することによ
り、いつでも本規約を解除することができる。
第 17 条 (自己責任)
利用者は、自己の責任の下で本サロンを利用するものとし、本サロンの利用に伴い、第三者との間で損害賠償
請求等の請求、異議、クレームその他の紛争が生じた場合、自己の責任と費用をもって解決するものとする。
第 18 条 (変更)
本規約は、第 1 条第 2 項に定める場合を除き、当社及び利用者が、各自正当な権限に基づき、署名又は記名捺
印した書面によらなければ、変更又は修正されないものとする。
第 19 条 (届出事項の変更)
1. 利用者は、当社に提供した情報(氏名、住所のほか、第 10 条に定める決済情報を含む。)
の全部又は一部について、誤り、不足、追加、変更があった場合は、当社所定の方法によ
り、遅滞なく訂正、追加、変更を行うものとする。
2. 当社は、前項の訂正、追加、変更がなされるまでは、すでに当社に提供されている情報に
基づいた取扱いをすれが足りるものとし、かかる取扱いにより利用者に生じた損害につき、 一切の責任を負
わないものとする。
第 20 条 (反社会的勢力の排除)
1. 当社及び利用者は、自らが現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから 5 年を経過しない者、
暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ、又は特殊知能暴力集団等、その他これ
らに準ずる者(以下「暴力団員等」と総称する) に該当しないこと、かつ将来にわたっても該当しないことを確
約する。
2. 当社及び 利用者は、自ら又は第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを
確約する。
1. (1) 暴力的な要求行為
2. (2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
3. (3) 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
4. (4) 風説を流布し、偽計を用いもしくは威力を用いて町の信用を毀損し、又は町の業務を妨害する行

5. (5) その他前各号に準ずる行為
3. 当社及び利用者は、相手方が前二項のいずれかに違反した場合、何らの通知又は催告を要しないで、
直ちに本規約を解除することかできるものとし、当該解除により相手方に生じた損害について、一切
の義務及び任を負わないものとする。
第 21 条 (準拠法及び合意管轄)
1. 本規約に関する準拠法は、日本国の法令とする。
2. 当社及び利用者は、本規約に起因又は関連する一切の紛争について、東京地方裁判所を第一審の専属
管轄裁判所とすることを合意するものとする。
以上

Top